キー溝・先割れなどをワイヤーカット放電で実現について

 フランジ・継手 加工.comを運営するユタカ精工株式会社は、旋盤加工機・マシニングセンタ以外にも精度ものの加工ができるように、ワイヤーカット放電加工機の設備導入を行いました。
 ワイヤーカット放電加工機の特徴としては、切断面がきれいに仕上がるという点がまず挙げられます。また、ワイヤーの有効加工長さの分だけ、深さのある穴加工が可能となるので、端面がきれいに出る加工が可能となっており、薄型のフランジ形状だけに限らず、主軸方向に長さを持つツバ付きフランジの加工も可能となります。さらにツバ形状が多角形状のものなどの端面・角部に対して精度のよい加工が可能となります。

キー溝・先割れなどをワイヤーカット放電で実現の特徴

 ユタカ精工では、キー溝・先割れ等の特殊形状を持つフランジの製造実績を多数保有しています。当社で取り扱っているフランジ製品というのは、真空装置で使用するポンプフランジや、建設関連の機械であるはつり機の回転主軸である部品の固定フランジなどで、一品一品、お客様の設計者が図面を描き、部品図を製図しているものがほとんどです。そのため、メーカー規格品にはない特殊な形状であるというのは当たり前であり、精度・品質・形状面で要求の高い製品となっています。そこで、当社では、特殊な加工を実現するワイヤーカット放電加工機を導入し、非常に複雑な加工への対応を行っています。もちろん、マシニングセンタや旋盤で出来る加工はそれら機械を用いて加工することでコストを抑えた提案を行っています。

キー溝・先割れなどをワイヤーカット放電で実現の特徴
特徴1

キー溝・先割れ加工などの複雑な加工が可能

特徴2

角度指定の細かいテーパー付きフランジの製造に対応

特徴3

深穴・深溝の高精度加工が可能

 ユタカ精工株式会社では、旋盤・マシニング・ワイヤーカット放電加工機など、フランジの製造において必要な工程を内製化することで様々な形状のフランジの単品・試作~量産加工まで対応をしています。
また、充実した設備を活かすことで、加工の種類という面での幅を広げることはもちろん、最適な加工方法による最適なコストでの製品提供を行うということが可能となっています。



<キー溝・先割れなどをワイヤーカット放電で実現 の風景  >
ワイヤーカット放電加工機
ワイヤーカット放電加工機
キー溝加工
キー溝加工
テーパー加工
テーパー加工
半円フランジ
半円フランジ

フランジ・継手 加工.com による「 設計・製作した部品・装置 」

 ユタカ精工株式会社では、真空装置フランジ、溶接フランジ、建設機械フランジ、継手フランジ、特注バルブ、の特注品製造を行っています。単品小ロット生産のご依頼から量産加工まで幅広いご依頼にお応えすることが可能となっています。適正な機械加工の価格にて承りますので、お気軽にご相談ください。


キー溝付フランジ
キー溝付フランジ
異形フランジ
異形フランジ
中ツバ付きフランジ
中ツバ付きフランジ
カバーフランジ
カバーフランジ